Flair Indonesia 2019 - やるか、やらないか

インドネシア・フレア(Indonesia Flair)の第2版は、国際的に重要性を増しつつあるダイナミックで繁栄する国を紹介しています。

イプソスのインドネシアに関する最新のレポートでは、起業家精神や主要都市のインフラの急速な発展など、インドネシアについてのインサイトをご紹介しています。

インドネシア・フレア 2019年版の主要ポイントは以下のとおりです。

1. 国土、人口、経済の大きさにもかかわらず、インドネシアは国外で驚くほど目立たないままである

津波、洪水、火山噴火、地震などの災害は、世界のニュース・サイクルの中でインドネシアが最も頻繁に登場するピックです。しかし現実には、このような偶発的な悲劇を除けば、インドネシアは経済的に繁栄し、政治的に安定し、社会的にも活力のある国です。

2. インドネシアは競争力があり、アジアの最先進国に追いつき、地域での比重を高めている

インドネシアは、IMDによる最新の2019年世界競争力ランキングで11ランクアップし、フランスとチェコの間に位置する32位となりました。特に近代的で効率的なインフラによって、外国投資家にとってかつてないほど魅力的な国になっています。

3. インドネシアは最先端の技術を使って、消費者を製品設計の中心に据えている

Manufacturing 4.0は、カスタマイズされたユニークな製品の作成と、既存の製品を消費者それぞれの好みに合わせることに焦点を当てています。消費者はこのプロセスに直接関与し、機械やロボットと通信して最終的に生産ライン全体をコントロールします。

4. インドネシアの人口はますます健康で裕福だが、高齢化が進んでいる

2035年には、インドネシアの人口の14%が65歳以上になります。こうした高齢消費者は、自由な時間と節約したお金で十分に楽しめるように、可能な限り最高の健康状態で高齢期に入ることを切望するでしょう。

5. インドネシアのショッピングモールはEコマースの隆盛で閉鎖している

多くの人々は今、オフラインではなくオンラインで買い物をすることを好み、ショッピングに特別な割引やボーナスを利用しています。交通渋滞や暑さの中で過ごす時間のため、ショッピングのために街で何時間も過ごそうと思わなくなっています。ことをあまり好ましく思わせません。

6. インドネシアのインフルエンサーと消費者はインスタグラム中毒

インスタグラムの幅広い利用者層は、小規模ビジネスや新しいブランドがこの大規模な消費者層の中で新しい顧客にリーチするための大きな可能性を提供しています。5人に4人のインスタグラムユーザーがブランドについてもっと知るためにインスタグラムを利用しています。10人に6人の中小企業経営者はインスタグラム上で他のビジネスからもインスピレーションを得ており、4分の1はインスタグラムなしでは事業を立ち上げられなかったと言っています。

7. インドネシアの消費者はブランド製品を求める

ブランドはインドネシア人にとって非常に重要です。これは国際的な大企業に有利に働く一方で、インドネシアのブランドも勢いを増しており、海外のブランドよりもむしろ高価な場合もあります。

8. インドネシアでは "one-to-few" マーケティングが台頭している

one-to-fewマーケティングは、ニッチなセグメントや少なくとも非常に限定的で明確なセグメントを対象とし、one-to-manyマーケティング(マスマーケティング)とone-to-oneマーケティングの利点を組み合わせたものです。これは、Manufacturing 4.0における製品設計とEコマースの展開において特に重要です。

9. インドネシアには強い起業家精神がある

教育とインフラの発展は、今日のインドネシアの起業家精神に大きく貢献しています。例えば、インドネシア西部や東部の中小企業は列島の反対側の消費者にリーチすることができるようになりました。かつては可能だとは考えられなかったことです。

10. インドネシア人はストレスのない、流動的な生活を望んでいる

70年前に独立国家となって以来、多くの試練を経験してきたこの国では、生活をより楽にし、流動的にするものは何でも歓迎されます。これはすべてのインドネシアの消費者の大きな願望であり、この魅力的な市場で成功するための真の鍵でもあります。

社会