サステナビリティについての「言うこととやることの差」を埋める

ブランドはどのようにして、サステナビリティにおける消費者行動の変化の活性化をリードすることができるのでしょうか。

Adressing the Sustainability人々が環境に関心を持ち、より持続可能な方法で生活することに責任感を感じていることは、イプソスの調査データで何度も明らかになっています。例えば、最近の調査では、30カ国の調査対象者の72%が、気候変動対策のために個人的に行動を起こさなければ、将来の世代の期待を裏切ることになると考えていることがわかりました。

一方で、現実の生活の中では、行動の変化が限定的で停滞していることも見受けられます。これは、サステナビリティに関する「言うこととやることの差(say-do gap)」を表しています。つまり、ある問題に対すしての懸念が、必ずしも行動に移されないというジレンマです。

これを理解しようとすると、さまざまな要因を考慮しなければなりません。このペーパーでは、リサイクルやよりよい製品の選択など、より持続可能な方法で行動する上の障壁をいくつか紹介します。これらは、私たちの行動を支える重要な次元、すなわち、動機、能力、処理、身体、社会(行動科学フレームワークMAPPSによる)に従ってグループ化されています。

Addressing the Sustainability Say-Do Gap

重要なのは、行動を起こすのは個人だけではないということです。人々は、政府やブランドが気候変動や環境問題への取り組みにおいて主導的な役割を果たすことを期待しています。このように、組織は、この言うこととやることの差を埋める義務を果たすべきなのです。行動をより深く理解し、人々がすでにしたいと思っている行動をとるように促すことが必要だと考えています。

イプソスのペーパー(英語)で詳細をご覧ください: Addressing the Sustainability Say-Do Gap.

社会